旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

世界で使われる言葉の順位はどうなってる?

旅行

世界で使われる言葉の順位はどうなってる?
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

世界で一番使われている言葉はなんでしょう?

英語かな、中国語かな

ちょっと考えると、

英語 と思います。

実際に、
世界で使われている言語は、
ある研究者によると7~8000種類もあると言われています。

ちょっと見にくいのですが、 ベスト20をあげると表のようになります。

1 中国語(北京語・普通話) 8億8500万人 中国
2 英語             5億1000万人   英米                    カナダ・オセアニア
3 ヒンディー語 4億9000万人 インド
4 スペイン語 4億2000万人 スペイン・中南米諸国
5 アラビア語 2億3000万人 アラブ諸国・中東                      ・北アフリカ
6 ベンガル語 2億2000万人 バングラディッシュ
7 ポルトガル語 1億7000万人 ポルトガル・ブラジル
8 ロシア語 1億7000万人 ロシア
9 日本語     1億2500万人 日本
10 ドイツ語 9800万人 ドイツ・オーストリア・スイス
11 中国語(広東語) 8000万人 中国(香港、マカオ、
                    広東省)
12 ジャワ語 7550万人 インドネシア
13 韓国語(朝鮮語)7500万人 韓国・北朝鮮
14 フランス語 7200万人    フランス・アフリカ諸国
15 中国語(びん語、福建語) 7000万人 中国(福健省)
16 ベトナム語 6700万人 ベトナム
17 テルグ語 6835万人 インド
18 マラーティー語 6474万人 インド
19 タミル語 6300万人 インド
20 トルコ語 5900万人 トルコ
21 ウルドゥー語 5800万人 パキスタン

※出典:2001年中日新聞に2008年以降各種人口統計を加味

出典 http://www.translator.jp

人口の分布に比例しているとも言えるのですが、

ベスト5は中国語、英語、ヒンディー語、スペイン語、アラビア語となります。

ヒンディー語も
アラビア語も、
私たちには、
もあまりなじみがありませんね。


ヒンディー語はインドで、
アラビア語はアラブ圏で、
使われています。

スペイン語は大航海時代に
スペインが世界各地に植民地を作った事がありました。
その遺物として残っているのでしょう。

ベスト10間で見ると、
日本語が9位は意外ですね。


町へ出て語学学校をさがしてみると、
英語の学校ばかり。

ヒンディー語やスペイン語の学校なんて見当たりません。

まして、
トップの中国語は、
町中で耳にすることは多いにもかかわらず
正式に習うことは少ないと思います。

ちょっと考え方を改めないと
まずいかもしれませんよ。

これからの日本はオリンピックを控えて”おもてなし”がだいじになります

世界の人々は、さまざな言葉を喋っている

色んな国の色んな言葉があることを知って、

英語や中国語ばかりではなく、

さまざまな言葉を楽しむことが大切です。


恐れず、臆さず、
楽しんで、
外国の方とのコミュニケーションを楽しみましょう。


学校で習ったり、

本を読んだり、


でも、
言葉は使うもの。

一番手っ取り早いのは、
色んな国へ行くことだと思います。

レッツ ゴー ワールド・ツアー

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ